山田幸成 著『普段使いの広島酒場 ―フダヅカ―』

 

 ■好評発売中! 

 

2014年4月25日頃発売 

山田幸成 著

普段使いの広島酒場 ―フダヅカ―

■定価 1,500円(本体)

■判型 変形B5判 115P オールカラー 

 

現役居酒屋店主は普段どのような店に足を向けているのか?

著者 山田幸成は自ら居酒屋を経営しながら、

「毎日どこかのお店のお客になる」をモットーに20年以上生活をしてきた。

その視点で選りすぐりのお店を、「広島市・呉市」から26店舗独自の視点でご案内した一冊。

「お好み焼き」から「餃子」「そば」そして「居酒屋」まで、毎日通いたくなるお店を山田幸成が厳選した。

 

「のれんはググるな。くぐるんだ」を基本軸に「いい店を見つけるコツ」が自然に身につく一冊とも言える。また、「普段使い」は「接待使い」にも使えることも発見できる。

ほかに、広島で大人気の謎の覆面パーソナリティ 一文字弥太郎とシンガー玉城ちはるとの「止まらない酒と肴と酒場座談会」も掲載。


 

著者プロフィール

■がんぼ(呉市広)店主 山田 幸成(やまだ ゆきなり)

調理師学校卒業後、東京、広島の飲食店で勤務。

1996年女性をターゲットにした中華レストラン「がんぼ」独立開業。

2年後二号店「斬新中華 凛々家」OPENと同時に事業法人化。

開業4年目に年商1億8千万円を達成。

人気飲食店経営者として専門誌、テレビ、ラジオなどメディアでも活躍。

10年目に店舗を譲渡し「社長業から料理人に回帰する」として、従業員30人から一転、安全安心な原価率50%の食材調理をコンセプトに故郷呉市広へ居酒屋「がんぼ」をOPEN。

幅広いお客様の集う人気店として賑わっている。

また、20年間、毎日どこかの店で客になる料理人として外食通、酒場通としても知られる。

■居酒屋 がんぼ  

 広島県呉市広本町1-11-33

 TEL:0823-74-2062(電話ご予約可)  

 最寄駅 JR呉線「新広駅」から約700m(広商店街入口)

 営業時間 17:00 - 23:00(火~土)       

      17:00 - 22:00(日・祝)  

 定休日 月曜日

書籍購入について

 『普段使いの広島酒場 ―フダヅカ―』のご注文は以下のうち、どちらからでも購入可能です。

1)Amazonからもご購入いただけます。

※品切れの場合は、以下の方法よりご購入ください。

 

2)あなたのお住まいの近くの書店さんでも購入いただけます。在庫がない場合は、店頭にてご注文ください。

 

3)本分社からも直接発送可能です。

■送料、手数料は無料です。

■お支払いは、書籍に同封する郵便振替(手数料無料)にてお願い申しあげます。

FAXまたはメールでご連絡ください。

・お名前

・ご住所

・お電話番号

・ご希望の書籍名:『普段使いの広島酒場』

・ご注文冊数

・FAXでのお申込み時にはFAX番号

をご記入の上、

honbunsha●gmail.com(●を@に変更してください)までメール

もしくはは、本分社FAX:082-259-3926へFAX送信願います。

※携帯電話やパソコンで迷惑メールの拒否設定をしている方は、お申込される前に上記のメールアドレスからの受信ができるよう、設定を行ってください。

※メール受信またはFAX受信の確認が出来次第、担当者より折り返しご連絡いたします。2、3日経っても返信がない場合は、お手数ですが本分社お問い合わせフォームよりご注文内容を再度ご連絡願います。